スポンサーリンク

2010年07月02日

トレーニング不足

昔々、トレーニングブックという学習教材があった。

A4ぐらいの大きさの本で、
毎日の日付が振ってあり
それを日付通りに勉強していく

本屋では売っていなくて
学研の「科学」「学習」みたいに
おばちゃんが家まで配達に来る教材だ

今でも小学生向けであるようだが、
当時は小中高全学年揃っていた。

毎日少しずつだが、確実に力が付くのは間違いなく。
算数、数学はこの本のおかげで落ちこぼれずにすんだ。

しかし、その他の科目はまじめにやらなかった
トレーニング不足だった

そんなトレーニングブックを出していた教育社(そのままだな!)は
科学雑誌ニュートンも出していた。

昔はニュートンって、本屋に売っていなくて
トレーニングペーパーと同じおばちゃんが宅配していた。
オールカラーだけれど、薄っぺらくて高かったんだ
千円ぐらいしていたはずだ。当時の雑誌では、ずば抜けて高かったんだ。


Newton (ニュートン) 2010年 08月号 [雑誌]

Newton (ニュートン) 2010年 08月号 [雑誌]

価格:1,000円(税込、送料別)


Newton (ニュートン) 2010年 08月号 [雑誌][Amazon]



ブログランキングにご協力をお願いします。↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村

もんじゅ:ブログネットワーク
ラベル:本・雑誌 科学
posted by noborun at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

もっと早くしてよ

週刊ダイヤモンドは
毎週欠かさず読んでいる。

買うことは滅多にないので、
出版社には申し訳ないけれども

立ち読み、図書館で読ませてもらっている

F氏的日常」という1コマ漫画と
ベストセラー通りすがり」というコラムが面白くて読んでいる。

今週号の「F氏的日常」は高速道路無料化の訳を1コマ漫画で風刺している。
なんと、道路全面に広告を貼っている。だから無料になったという落ちだ。

「ベストセラー通りすがり」のほうは雑誌Aera With Babyを痛烈に皮肉っている。
畑違いの分野に新規再入を始めると、その企業は斜陽化の始まりだ。
朝日新聞も・・・
という内容だ。

毎週楽しみなのだが、
近所の図書館は月曜発売の週刊誌が読めるのは
早くて金曜日、遅いときは日曜日まで棚に並ばないときがある

なんで、そんなに時間掛かるんだ?
週刊誌の意味がないじゃないかexclamation

週刊ダイヤモンド[Amazonで検索]
週刊ダイヤモンド[楽天ブックスで検索]


ブログランキングにご協力をお願いします。↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村

もんじゅ:ブログネットワーク
ラベル:本・雑誌 図書館
posted by noborun at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

ブレない生き方

この本、読んでいないので内容はなんとも言えないのだが、
本屋で見たときから気になってしまって・・・。

どんなことが書いてあるか?
役に立つか?
共感できるか?

いえいえ、失礼ながらそういうことではなくて。

表紙の写真。
ほっぺたに何を付けているのかと思ったら

もみあげでした

中にも数点写真が載っているのだが、
若い頃からみごとなもみあげですな。

ある意味、ブレない人ですな

どうでもいい話でした。




ブログランキングにご協力をお願いします。↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村

もんじゅ:ブログネットワーク
posted by noborun at 20:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

まぐれ、まぐれ!

いつの時代でも
「投資で大儲けしました」
「伝説のトレーダー××」
など、
儲け話はよく流行る。
特に昨今はこの類の本が数多く出版されている。

でも、理屈から言うと
これはただの「まぐれ」なんだそうだ。

架空のファンドマネージャーを11万人コンピュータ上につくり、
シミュレーションすると5年後には313人が5年連続して儲けるそうだ

だから、儲けた人はまぐれであり、その影にはたくさんの儲けていない投資家がいる。
しかし、メディアはその儲けた人を賞賛し、本を書かせる。
こういう錯覚を「生存バイアス」と言うそうだ。

儲けていない人が目に入らないため、儲けた人が凄くたくさんいるように思えるのだ。

結局、うまい話など無く
こういうあたりまえのことをよく頭に入れておかないと
欺されて泣くことになる。


今日のネタはこの本からの受け売り
↓↓↓↓↓↓↓


儲け話のビジネス本をぶった切ってます
↓↓↓↓↓↓↓



ブログランキングにご協力をお願いします。↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村

もんじゅ:ブログネットワーク
posted by noborun at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

こんなのを見てみたい

体脂肪計を作っている会社の
社員食堂で出されているメニューを紹介している本が売れている。
Amazonで10位!

体脂肪計の会社だから、体脂肪が多かったら恥ずかしいということだろうか。
入社試験に体脂肪測定の試験があったりして。

こうなってくると
他の会社の社員食堂も見たいな。

・ハンバーガーチェーンの社員食堂メニューはみんな高カロリーかな。
・清涼飲料水会社の社員食堂では、ジュース飲み放題かな。

あと、牛丼チェーン店にはベジタリアンはいないのかな。

なんか、おもしろいな。


ブログランキングにご協力をお願いします。↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村

もんじゅ:ブログネットワーク
ラベル:本・雑誌 料理
posted by noborun at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。