スポンサーリンク

2010年05月26日

ペットボトル症候群

外に出ると、
ついついペットボトルの飲物を買ってしまう。

お茶かミネラルウォーターをと思うのだが、
ついついコーヒーやスポーツドリンクを選んでしまう

まぁ、熱くて汗をかくから
少々甘いものでもいいかと思っていたら、

こんなショッキングなニュースが・・・・

webR25より
「ペットボトル症候群はたくさん砂糖の入った清涼飲料水や缶コーヒーなどを大量に継続的に飲み続けることで、太りやすくなり、血糖値が高くなって、急性の糖尿病になるというものです。症状としては、『体のダルさ』や『ノドの渇き』、『トイレに行く回数が増える』などがあり、最悪の場合は、昏睡状態に陥って病院に運ばれるケースがあります」
「ペットボトル症候群は、本人が無自覚のまま悪化しているケースが多いです。血糖値が高くなるとノドが渇きますが、その渇きをうるおすために清涼飲料水を飲む。するとさらに血糖値が高くなり、またノドが渇いて清涼飲料水を飲む。そして、さらに血糖値が上がる。そんなスパイラルに陥るのです。・・・」


炭酸飲料水(350ml)の糖分をスティックシュガー(3g)で換算すると、ノンカロリーで1.5本、カロリーオフで約5本、通常のもので約12本分になるそうだ。

がく〜(落胆した顔)明日から、ミネラルウォーターにします。


ナチュラルミネラルウォーター「一万年の雫」


ブログランキングにご協力をお願いします。↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村

もんじゅ:ブログネットワーク
ラベル:健康 飲物
posted by noborun at 22:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

健康ネタ
Excerpt: オレが最近心配している事がある。それはペットボトルのお茶である。甘いジュースと違って後口さっぱりでオレもよく飲むのだが、飲んだ後必ずトイレのお世話になる。これはオレだけの事かと最初は思っていたのだ....
Weblog: Masa'S Weblog
Tracked: 2010-06-08 08:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。