スポンサーリンク

2010年03月08日

エンマ大王に会った

平安時代の官人であり歌人であった小野 篁(おののたかむら)は、
エンマ大王の裁判の手伝いをしていた

夜のアルバイトで手伝っていたそうだ。
夜になったら井戸から地獄へ行き、朝になったら帰ってきた。

この井戸は、京都の六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)にある。

そして、エンマ大王の像がこの寺にある。
実物を見た篁本人が作ったので、間違いないらしい。

ブログランキングにご協力をお願いします。↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
ラベル:旅行
posted by noborun at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。