スポンサーリンク

2009年12月29日

24時間英語

先日、本の整理をしていたところ、こんな本が見つかった。
『やり直しの「24時間英語」』松崎 博 大和出版

もう、絶版みたいでAmazonマーケットプレイスでは¥1で売られている。

内容は、ずっと英語環境にいれば話せるようになる。
というもので、そういう合宿もやっているらしい。
また、姉妹本として90日で英会話に自信が持てるという内容の本も出ている。
どんな英語教材でも、90日間徹底的に聴いて、まねして(シャドーイング)いけば、奇跡が起こるというものだ。
教材のテープはすり切れたら困るので必ずダビングしてコピーを作れと、いうところが時代を感じる。

学生時代にこの本を読んで、実践してみたのだが。
1ヶ月たった頃に何かが変わったような手応えがあったのだが、
クラブ活動に気がいってしまって、中断。それっきりになってしまった。

久しぶりにこの本を手に取ってみて、懐かしさと、自分の意志の弱さを痛感してしまった。

巷には、すぐに話せるようになるとか、楽して話せるとかの本がいっぱい出ているが、やっぱりこの本にある通り、時間を掛けて努力したものが報われるということか。

TREviewブログランキング

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


【関連する記事】
posted by noborun at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。