スポンサーリンク

2009年12月23日

たまたま

またまた、の次は
「たまたま」

日常に潜む「偶然」を科学で解明する。
「我々の日常が、いかに偶然の働きに影響されているか」
というお話の本です。

原版は、全米で賞賛されたらしい。
ま、映画でも本でもみんなそう言うけれどね。

売れると必ず出てくるのが、類似本。
最近じゃ、「脳科学者」や「カツマーもどき」があふれている。
「テレビを見るな」とか「脳にいいことだけをヤレ」「起きていることはみんな正しい」「断る力」なんかいっぱい出て来たな。

脳を鍛えて、金儲けしろ。人を押しのけて、ガンガン金儲けしろ。
ってことだよね。
そういえば、何年間かの所得を申告していなかった脳科学者がいたね。
納税は「脳にいいこと」じゃなかったってことですか。
納税を「断る力」なんて言ってるのかな?

「たまたま」面白そうです。

たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する

たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する

  • 作者: レナード・ムロディナウ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: 単行本




ラベル:本・雑誌 科学
posted by noborun at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。